コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

フランスの真ん中で神の一手を叫ぶ

皆様ボンジュール。
今回は、ひょんなことから見学に行くことになった地元の囲碁クラブのお話です。

今回の剣道遠征で往復車に乗せてくれた剣道仲間Fさん(初心者)が
実は碁が大好きで5年前から地元のクラブでプレイしてるそうな…。
遠征の行きは二人きりで、しかもほとんどしゃべったこともない相手なので
3時間の道のり、いったい何を話したらいいものかと思ったけど
だいぶ碁話とジャパンイベント(地元の日本のイベント)話で楽しめました(^^)
盛り上がると言うほどでもないけど、某碁まんがの碁の指導をしてた、あの有名なプロがフランスに来た話とか、ふだん穏やかなFさんのテンションが碁話でだいぶあがってました(笑)

そんなわけで、碁クラブ見学・体験にいってきました★
月曜の夜7時くらいから中心街のとあるカフェで行われていて、
行きたいときにいって帰りたいときにそれぞれ帰るという自由なスタンス。
店は夜中の12時までやっていて、Fさんは11時くらいまでいるときもあるとか。
一見普通のカフェ(ていうかカフェの雰囲気のバー)だけど
入ってそうそう陽気なおじさんにからまれました…
お仲間なのかと思って愛想よく受け答えしてたけど、
どうやらFさんの知人でもないただの酔っ払いらしいので適当にスル―。
あらためて、奥に入ると確かにフランス人が碁の勝負してました…!
しかもちゃんと大きな碁盤(平たいやつ)で。
Fさんに教わり、小さな盤で3つ石を置かせてくれた状態で始め、
やり方を教えてくれながら1回目は勝たせてくれたという、なんて優しい…!
2回目は2つ石を置かせてもらって始め、
負けたけどもそれが僅差という、すばらしい気遣いでした…!
碁によく出てくるフランス語、
テりトワ~(自分の領地)とキャプチュれ(相手の石をゲット)を覚えました(^^)

みなさん知ってましたか?
碁って、自分の領地の広さ+相手から奪った石の数で競うんですって!
(領地の広さが特に大事)
私、オセロみたいに奪った石の数だけで競うものだとばかり思ってました…。

フランス人に日本文化を教わり、またひとつ、
深みのある日本人に成長できた気がします(^v^)

囲碁クラブ行く時カメラを忘れてしまったので、
代わりにお気に入りのケーキを載せておきます☆
P1150553okok.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りゃま(白)/Llama(blanc)

Author:りゃま(白)/Llama(blanc)
ようこそおこしくださいました。フランス中部(田舎)での生活を写真でお伝えします。フランスのいいところはパリとモンサンミッシェルだけではないんですよー

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
mouton counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。