コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

担当者来訪~アシスタントマターネル

皆様ボンジュール。
語学の壁にぶちあたってちょっぴりブルーなトミィです…


今日の午後はアシスタントマターネル(ベビーシッター)の担当者が
うちを見に来る約束になっていたので
午前中は整理整頓にあけくれました。
幼い子供を預かるにあたって危険なものはないかとかを確認するためだとか。

とっても感じのいいマダムだったのだけど、

最初のほうに油断してて、聞き取れなかったところを
「何ですか?」と訊いてしまってから
「あなたフランス語あまり分からないのね?」みたいにとられてしまいました。
(たしかにペラペラではないけども…!)
その後
どれくらいフランスにいるのかとかどれくらいフランス語はどのくらい勉強したかとか
なんでアシスタントマターネルになりたいのかとかいろいろ訊かれて
なんか…これ…面接試験?!

そんなわけで、「その言葉知りません、なんですか」とか言ってる場合じゃないと察し、
なんとか間をあけずどんどん答えたつもりなのだけども

家の中見るより話してる方のが長かった…ていうか、
ていうか採用・不採用あるなんて知らなかったよ!
たしかに言葉あやふやな外国人に子供預けるなんて自分が母親だったらしないけども!
でも日本の子供の世話ならできるし!
一応「この土地にも日本人家族が住んでて日本人の子供を世話する需要もあること、
フランスで育つ日本の子供は日本語を忘れやすいけど
私は日本で教員やってたから日本語も教えられる」アピールしたけど

はしばしで、もう1年(フランス語を)勉強してからのほうがいいんじゃないかしら的な発言や
最終決定は私がするわけではないから何とも言えないけどみたいな発言がはさまり、
さらにフランス人のこどもを預かること前提に「子供の両親と契約するのよ、
難しいと思わない?」的なこと言われたりとか…
(「でもがんばります!」しか言いようなかったけども…)

12月初めに返事が来るそうです。
不採用オーラかなり醸し出してたけど、便りは寝て待つことにします(*_*)


ちなみに、手続きは
1.県庁の子育て支援課みたいなところに専用の用紙をとりにいく。
2.専用の用紙に記入し、健康診断書などの必要書類をそろえて、書留みたいな特別郵便で送る。
3.担当者が家を見に来る日時が書かれた紙が送られてくる。
  申込書の控えと受領されましたという通知が送られてくる。
4.担当者が家を見に来て、話し合いをする。
5.受領された日から3カ月以内に可否の返事が来る。
6.可だった場合、1日6時間×2週間の講習の通知が送られてきて、決められた日時の講習を受ける。
7.市のアシスタントマターネルの名簿に載り、仕事を受けられるようになる。
こんな手順です。
フランスにお住まいで子供預かる仕事に興味のある方のお役に立てれば…。
法的に認められた仕事だから個人的に預かるよりお給料がちょっといいそうな。


今回はあまり明るい話題ではなかったので(私にとって…)癒しの1枚を!
P1190412ok.jpg
彼の友達の誕生日ケーキです(^^)
マカロンがのっかってるあたり、ザ・フランス!ってかんじがします♪
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りゃま(白)/Llama(blanc)

Author:りゃま(白)/Llama(blanc)
ようこそおこしくださいました。フランス中部(田舎)での生活を写真でお伝えします。フランスのいいところはパリとモンサンミッシェルだけではないんですよー

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
mouton counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。