コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

シンガポールのごはん

皆様ボンジュール!
前回に引き続き、チャンギ空港での話です。

夕食は、せっかくなのでシンガポールらしいものを食べたい、
そしてフランスの地元(中部)であまり食べられない魚介が食べたい!
との思いで、庶民価格な魚介ラーメン的なのを扱ってる店に入りました。
メニューが日本風で写真付きなのもポイント高いわ(^^)
でもどうみてもどれも麺なのに名前が二種類…
ウェイトレスのお姉ちゃんのLaksaとNoodleの違いをきいたら
ウ「辛いか辛くないかの違いよ。私はLaksaをすすめるわ!」
私「これちょっと辛くとかできる?」
そんなこんなでちょっとだけ辛いLaksaを注文。
飲み物はこれまた類似してる写真二つについてきいたら、
ウ「こっちはカフェオレ、こっちは紅茶とコーヒーを混ぜてミルクを入れたもの」
私「紅茶とコーヒー(混ぜちゃったの…笑)、おもしろいわね」
ウ「香港風よ(苦笑い)」
シンガポール人はこんな発想しないわみたいに聞こえました(笑)。
おもしろいのでその香港風とやらも注文。
それにしてもこの子、若く見えるのに英語流暢だわ、商売上手だわ…いい店選んだわ私!
という浮かれ気分はほんの一瞬でした。。。
私忘れかけてたんです、
韓国人みたいな辛いもの好きにとっての「辛くない」は
私の辛さの沸点ギリギリだったって…!
もちろんそれはシンガポールでもあてはまったわけで。。
油断してスープを一口…今なら火が吐けると思いました…
飲み物は先に来てたけどホットなので辛さを中和できず(泣)
(ホットのがちょっと安かったんです…こんなところで貧乏性が裏目に…)
ここに辛いの大好きな姉がいたら喜んで食べてくれただろうに…と逃避しかけながらも、
とりあえず砂糖をさらに2本もらって香港風ティーカフェラテ(笑)に混ぜ、
戦いに備えました。
スープをよく見て、味わってよく考えた結果、わかりました、
うわずみの赤いオイル部分と小さい赤いのを避ければ実はベースはマイルド…!
そして、おいしい…!!
じんわり汗をかきながら慎重に辛い部分を避け、どうにか完食しました!
時間に押されなかったのがせめてもの救いでした(^_^;)
よかった、乗り換え時間6時間もあって!!

チャンギ空港で食べたSeafood Laksa。
P1190235ok.jpg
ウィキ先生によると、ラクサとはシンガポールやマレーシアでよく食べらている、
ターメリックなどの香辛料が効いた、麺料理だそうです。

いや、ホント魚介たっぷりでおいしかったですよ!!
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りゃま(白)/Llama(blanc)

Author:りゃま(白)/Llama(blanc)
ようこそおこしくださいました。フランス中部(田舎)での生活を写真でお伝えします。フランスのいいところはパリとモンサンミッシェルだけではないんですよー

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
mouton counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。