コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

物語文作成の試験。

皆様ごぶさたしてますとみぃです。
ボンジュール。

5月こそって言ってたのにもう6月になってしまいました…
もう予告はしないことにしようと思います、度々見に来て下さった方、どうもすみません…。
そして、今回も見に来てくださってありがとうございます!

さて、私の近況と言えば、今日でようやっと試験が終わったわけです!!
なので今回はホットな話題「試験」について語りたいと思います。
長文なのでお時間のあるときに読んでやってください。

私の通っているところは大学内の語学科だからか、期末試験がしっかりあるわけです。
今期はレベル3の授業を受けてきたので、
試験内容は読解・聴解・口述・小論(賛成・反対)・作文(物語文)・文化・映画とフランスの社会問題
の7分野でした。

最終日の今日の午前は作文の試験。
与えられた2つのテーマから一つを選び2時間以内に40行以上書くというもの。仏仏辞典は持ち込み可。
(私の技能的にうろ覚えのスペルの確認と女性名詞か男性名詞かの確認にしか使えないけども…)
宿題を毎回欠かさずこなしてきたおかげでだいぶ書くことが楽しくなってきたけれども、
テーマによる運と時間配分がカギなわけです…

試験直前の作文の授業で過去問(ゴリラとOLの物語)をやったときは、オチまでつけることができ会心の出来だったのだけど
今回はどうにも…できた気がしない…ていうか最後まで書けなかった…

私が選んだテーマは1枚の再構成された幸せ家族お母さんとお父さんと娘(8歳と3歳)の写真について
写真の以前の彼らの様子、写真を撮ったときのこと、その後のことを想像して書くのだけれども
書き出しが指定されていて、
「これは最後に撮られた再構成された家族の写真。(つまり子持ちの方同士の再婚?)
 私たちは彼らが幸せであったと思っている!(この辺の訳がわからず自己流解釈。。。)
 まさかこの写真の数分後にあんなことがおこるなんて私たちは予想もしなかったんだ…」

この「私たち」ってだれ?
再構成された家族の設定を生かすには出会いから書かないとってことかしら??
写真の数分後、何か劇的な変化が起こったわけね…???
ていうかこれ、親御さん2人とも男に見えるけど気のせい????

突っ込みどころ満載のテーマにも関わらず、妄想力フル回転で与えられたメモ用紙に設定メモを書き始めました。

母・イザベル :38歳。5年前旦那が家を出、それ以来娘と二人で生活してきた。原因は彼女の料理。
イザの娘アン : 8歳。金髪ショートヘア。家事のお手伝いもできるしっかり者。
父・ニコラ  :45歳。数ヶ月前妻が交通事故で…。以来、気落ちしながらも仕事に子育てに頑張るお父さん。
ニコの娘ヘレン: 3歳。ぽっちゃり。転んでも泣かない強い子。
出会い:ニコラの同僚達が、ニコラを元気づけるため企画したフランソワの家でのホームパーティ。
    ニコラの同僚の一人フランソワはその人柄のよさにより、友達がたくさんいる上に
    広い庭をもってるから大勢でバーベキューパーティができるんだぜ★

(この時点で5人も登場人物がいることに不安を感じ始める私…)

あらすじ
写真以前:悲しみに暮れるニコラ、フランソワん家のパーティで亡くなった奥さんに似たイザベルに出会う。
写真当日:小さな庭付きの家を買って間もなく、天気のいい日にお庭でパチリ。(お隣さんに撮ってもらった)
写真の後:写真を撮ってもらった時お隣さんに言われた「ヘレン太りすぎじゃない?」に過敏に反応したイザベル、
     家族の幸せな食生活に変化が出、イザベルは優しさを失なっていった…

(オチのパンチが弱いけど熟考する時間もなく清書用紙に書き始めました…)

*ホームパーティの場面より抜粋*
一人ぽつんと肉を食べていたニコラに、金髪ショートヘアの少女がアンとともに近づいてきた。
ニコ「ボンジュー」
少女「ボンジュー。この子、さっき転んだの。でも泣かなかったのよ!」
その少女はあいさつをし、アンのことを教えてくれた。
ニコラはこの少女だってまだ小さいのにしっかりしているなと思い、彼女に興味を持った。
ニコラは彼女の名前と彼女のお母さんがどこにいるかたずねた。
少女は「アン」と言い、「ママン!」とお母さんを呼んだ。
彼は驚いた、なぜならアンのお母さんは彼の亡くなった奥さんにそっくりだったからだ…


というような感じで、この試験の敗因はココなわけです…。
つい楽しくなって出会いの描写に時間をかけてしまったばかりに
「写真以前:当日:写真の後」の割合が「6:3:1」みたいな…なんともしりすぼみに…(T_T)
ホントはイザベルの離婚の原因「料理」についても語るはずだったのに…
イザベルのすさんだ心をニコラが愛の力で癒すというハートフルな結末を考えていたのに…

しかしながら、真の敗因は帰宅するまで明らかになっていなかったという…
改めて電子辞書で調べたところ「再構成の家族の写真」だと思ってた部分の正しい意味は「家族の集合写真」であったという…
私、自ら設定のハードルあげてたのね…
テーマがちょっとずれてる場合の減点ていかほどかしら…

何はともあれ結果はともかく、試験全部おわってすっきりです(^v^)

ところで今回の写真は、以前家でクレープをやった時のもの。
P1160973ok.jpg
具は炒めた玉ねぎ、プチトマト、レンジでチンしたラードン(生ベーコンの細切れのようなもの。要・加熱調理)、
コーン、目玉焼き、チーズ、バナナ・ヌッテラ(このふたつでチョコバナナクレープができる!)です。
夕食だからちょっと豪勢です。
しょっぱい系は具を並べてクレープを軽く閉じ(二つ折り程度で)、
レンジでチンするとチーズがとろけてたまらない…w ぜひご家庭でおためしあれ♪
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りゃま(白)/Llama(blanc)

Author:りゃま(白)/Llama(blanc)
ようこそおこしくださいました。フランス中部(田舎)での生活を写真でお伝えします。フランスのいいところはパリとモンサンミッシェルだけではないんですよー

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
mouton counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。