コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

バカンス@ストラスブール

皆さまボンジュール!
今回はクリスマスバカンスで、ストラスブールに行ってきたときのお話です。

ストラスブールは、もみの木発祥の地と言われ
フランスでも最大規模のクリスマスマーケットを誇るといわれています!
そんなこんなで期待に胸をふくらませ、いってきました!

P1200314ok_20120114065724.jpg
大聖堂はとっても大きくて、バラ窓もステキでした。

P1200300ok_20120114065724.jpg
クリスマスシーズン限定で、大聖堂中に複数の大きなタペストリーがかざられていました。
圧巻でした!写真に撮ったらこれまた幻想的で^^

P1200305ok_20120114065724.jpg
たいていどこの教会も大聖堂もクリスマスの時期は、このようなキリスト誕生の様子を再現しているのです。
ですが、24日に別の教会に行ったら、この赤子のキリストさんがいなくなってました!
24日の夜中に特別なミサが行われ、そこでキリストさんが誕生して現れるという演出だそうな。

P1200329ok.jpg
外からみた大聖堂。ゴシック様式の荘厳な感じ、圧巻です!
ところでこの手前の建物はお土産屋さんなのですが、窓からクマがあふれてるのおわかりでしょうか?
ストラスブールの町中でベランダ飾りコンテストが行われていて
細い路地であろうと何だろうと、
素敵なベランダ飾りの前では、みんな立ち止まって見惚れたりカメラ構えたりするわけです^^
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

シンガポールのごはん

皆様ボンジュール!
前回に引き続き、チャンギ空港での話です。

夕食は、せっかくなのでシンガポールらしいものを食べたい、
そしてフランスの地元(中部)であまり食べられない魚介が食べたい!
との思いで、庶民価格な魚介ラーメン的なのを扱ってる店に入りました。
メニューが日本風で写真付きなのもポイント高いわ(^^)
でもどうみてもどれも麺なのに名前が二種類…
ウェイトレスのお姉ちゃんのLaksaとNoodleの違いをきいたら
ウ「辛いか辛くないかの違いよ。私はLaksaをすすめるわ!」
私「これちょっと辛くとかできる?」
そんなこんなでちょっとだけ辛いLaksaを注文。
飲み物はこれまた類似してる写真二つについてきいたら、
ウ「こっちはカフェオレ、こっちは紅茶とコーヒーを混ぜてミルクを入れたもの」
私「紅茶とコーヒー(混ぜちゃったの…笑)、おもしろいわね」
ウ「香港風よ(苦笑い)」
シンガポール人はこんな発想しないわみたいに聞こえました(笑)。
おもしろいのでその香港風とやらも注文。
それにしてもこの子、若く見えるのに英語流暢だわ、商売上手だわ…いい店選んだわ私!
という浮かれ気分はほんの一瞬でした。。。
私忘れかけてたんです、
韓国人みたいな辛いもの好きにとっての「辛くない」は
私の辛さの沸点ギリギリだったって…!
もちろんそれはシンガポールでもあてはまったわけで。。
油断してスープを一口…今なら火が吐けると思いました…
飲み物は先に来てたけどホットなので辛さを中和できず(泣)
(ホットのがちょっと安かったんです…こんなところで貧乏性が裏目に…)
ここに辛いの大好きな姉がいたら喜んで食べてくれただろうに…と逃避しかけながらも、
とりあえず砂糖をさらに2本もらって香港風ティーカフェラテ(笑)に混ぜ、
戦いに備えました。
スープをよく見て、味わってよく考えた結果、わかりました、
うわずみの赤いオイル部分と小さい赤いのを避ければ実はベースはマイルド…!
そして、おいしい…!!
じんわり汗をかきながら慎重に辛い部分を避け、どうにか完食しました!
時間に押されなかったのがせめてもの救いでした(^_^;)
よかった、乗り換え時間6時間もあって!!

チャンギ空港で食べたSeafood Laksa。
P1190235ok.jpg
ウィキ先生によると、ラクサとはシンガポールやマレーシアでよく食べらている、
ターメリックなどの香辛料が効いた、麺料理だそうです。

いや、ホント魚介たっぷりでおいしかったですよ!!
コンテントヘッダー

初のシンガポール。

皆様ボンジュール!

今回の成田→パリはシンガポールエアラインを利用しました。(シンガポール経由)
安価だったしマイルもいくらか貯まるしネットでの評判もよかったので。

まず、CAのお姉さんたちが美人でエキゾチック!
七分袖にロングスカートで上下とも同じ伝統的な柄でした。
(シンガポール航空のHPでみることできます!)

空港内といえど初めてのシンガポールに降り立つので
お土産買ったり夕飯食べたりエンジョイするために
ある程度、円をシンガポールドルに成田で両替しときました。
よく知らなかったのであまり期待はしていなかったのですが、
さすが観光地!マーライオングッズがたくさん(笑)
お花もたくさん咲いてて池に鯉もいていかにもリゾートな雰囲気!
P1190230ok.jpg
ネットが使えるパソがいろんなところにあり、
しかも15分ごと最初の画面に切り換わるため
一人あたり短時間で、多くの人が利用できる仕組み…よくできてる!
お店もたくさんあって見てるだけでも楽しく、
6時間超えの乗り換え時間、存分に満喫できました(^^)

せっかく時間があるので数枚ハガキと切手を買い、日本へ投函しました。
チャンギ空港のポスト。
P1190237ok.jpg
この某夢と魔法の王国にありそうな車型のお店は
切手やレターセット的な物とか売ってる簡易郵便局的なものなのだけども、
無愛想なお姉さんの態度とこのポストの見た目に、ホントに日本に届くの…?!
と不安になりました。。
ですが、無事9日後に届いたと両親から連絡がありました(^^)
あれ、日本フランス間より時間かかってる?!

これはシンガポール→パリの飛行機内でもらった夜食の数々。
レーズンとかクランベリーとか!
P1190351ok.jpg
みんなが寝静まった頃、
飛行機の最後尾とかトイレの近くにあるラウンジ(というのかな?)にいくと、
飲み物やおつまみが自由にもらえます。
ちなみに夜食ではANAで食べたミニカップヌードル、
AirFranceのハーゲンダッツがポイント高しです(*^_^*)
コンテントヘッダー

帰国便パリーコペンハーゲン

皆様ボンジュール!
ごぶさたしてますトミィです。
引っ越しやらなにやらでバタバタしていまして
実は現在日本にいます…。一時帰国中です。

なので、パリからの帰国便に乗るまでの日記を載せたいと思います。
乗り換え時間が長いため、ネットにつなげないながらも、
その場(コペンハーゲンの空港)で書いたものです。
長文なのでお時間のある方のみ、どうぞ。。。

スカンジナビア航空利用 シャルルドゴール空港 7:00発
という便の航空券だったので、
電車の始発時間わからないし、イマイチフランスの電車は信用ならない…という偏見から、
電車使わないで空港に行ける・安価
という条件でホテルを探し、シャトルバスで空港まで送迎してもらえるホテルに泊まりました(^^)
その始発便も5:15発だというので、一安心。
(この時点でCDGを甘く見てました…)
P1180984ok.jpg
4時間の睡眠ののち、5:12頃バス乗り場へ行ったらすでにたくさん人がいたけど
なんとか乗りこんで、ここまでは、順調。

バス降車場所の図の中に、私の利用する第1ターミナルがないことを、
一つ目の降車場所で扉が閉じたとき自覚する。
(実はそこで降りるのが一番近かった…)
結局最後まで乗ってしまったが、一応無事下車。
続いてターミナル間を移動するためのゆりかもめ的な乗り物で移動。
同じ車両にホームレスっぽい人も乗車。
警戒してたけど、その人は同じ所で降りなかったので一安心。
第1ターミナルに着いたら今度はスカンジナビア航空カウンター前に長蛇の列…
そのときすでに、5時55分。
Eチケットに書いてあるチェックインの締め切りは6時15分。
どう考えてもこの進み具合でその時間に間に合うはずがない…
昨日ホテルでインターネット使ってチェックインしとけばよかった…と激しく後悔。
というのも昨日夜に携帯にネットインチェックインの知らせが来たからだ。
いまからでも携帯でチェックインして荷物預ける列に行った方が早い…?!
しかしながらフランスのケータイでネットやったことないし
パケット料とかよくわからないし。。
ていうかこれ、デジャブ…!
前回は日本の携帯にその連絡が来てたので列の長さに焦ってネット接続しちゃって
途中で我に返ってやめたけど、結構な金額請求されたっけ…。
さて今回は、「みんな同じ条件なんだ」と強く言い聞かせ、
焦る気持ちを抑えながら順番を待つことに。
しかし、私の後ろに列が出来ては消え、できては消え…
あれ、あの人たちはどこに…何か他に手はあるの…?
いやいやそんなことはない。きっとネットでチェックイン済ませた人たちなんだ…
係の人は3人。時間に焦ってるようでどんどんさばいていくお姉さんたち。
と、そこへ、重量オーバーでおもむろにスーツケース整理を始める若い東洋人女性二人組。
時間なくてもそういうところはちゃんと厳しいのね?!
ていうか、私もひっかかったらどうしよう…家で測ったときは22kgくらいだったけど
そのあとさらに入れたからなぁ…。
まずは「もう十分整理したんです!手荷物もこれだけ重いんです!」と
がんばりをアピールして、それでもだめなら教科書セット(4kg程度)をまるまる手荷物にしよう…。
だけどもわたしのスーツケースは23.5?で、あっさり通してくれました(^^)
ありがとうお姉さん!
よし!と心の中でガッツポーズをし、足早にボーディングへ…それが6時25分。
一難去ってまた一難、今度は手荷物検査…!列長い!
ていうかなんでゲート一つしかないの??
でも並ぶしかない!
と思ったらちょっと離れたところにもう一つ列があったけど、
今から抜けても微妙だし、その列の最後尾がどこだかわからない。
のろのろと列は進んでいき、次やっと私の番!てときに、係の人が「なんとか!」て。
私のうしろの女性が「はい!」ってすばやく私の前の人のさらに前に割り込み、やってもらってた…
もしや私と同じ便?私もこの女性に続くべき…?でも私の前1人だけだし…
とまよまよしてたところにもう一回係の人が「コペンハーゲン!」というので
私も「うい!」と声を上げ、前の青年に「えくすきゅーぜもあ」と声をかけ、割り込まさせていただきました。
そしてようやっとボーディング…!
手荷物検査を終えたらゲートは目の前で、滑り込みセーフ!
搭乗したのは6時55分…出発予定5分前でしたとさ…
そのわりに、ちょうど私の席の上の荷物入れが空いてたし、よかったよかった!
P1180985ok.jpg
コペンハーゲンの空港で食べたフォカッチャ、デニッシュ、チャイラテ♪
見た目よりすごくおいしかった!
デンマークと言えばデニッシュです!
プロフィール

りゃま(白)/Llama(blanc)

Author:りゃま(白)/Llama(blanc)
ようこそおこしくださいました。フランス中部(田舎)での生活を写真でお伝えします。フランスのいいところはパリとモンサンミッシェルだけではないんですよー

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
mouton counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。